経済・時間・場所・人間関係・健康・語学を手に入れよう

イロアス.権利収入ブログ

将来に不安を抱えている人達が非常に多い中、普通に働いていても、生活が楽になる事はありません。今は【権利収入】を得る時代です。【あなたの決断力と行動力があなた自身の未来を変えます】

危機感

仕事がなくなります!

投稿日:

前にも2020年に無くなる仕事についての投稿を書いた事があるのですが、改めて書いてみようかと思います。

 

2020年になり、3ヶ月が経ちましたが、衝撃的な情報を掴んだのでシェアしますが、何と47%もの仕事がAIにより、仕事が消える、もしくは無くなると言うのです。

 

あなたは、あなた自身の仕事が無くなってしまった時の事を考えた事ありますか?

 

数多くの著名人が将来に於いて、47%もの確率で仕事がなくなると言う趣旨の発言をされているので、その代表的な著名人を紹介したいと思います。

・ Google創業者「ラリー・ペイジ」

・ Microsoft創業者「ビル・ゲイツ」

・ ファーストリテイリング創業者「柳井 正」

・ オックスフォード大学准教授「マイケル・A・オズボーン」

 

では、上記の各著名人の方々がこの先、どうなるのかについてのコメントがあるので書いていこうと思います。

 

【Google創業者「ラリー・ペイジ」】

あなたが望もうが、望むまいが、現在の仕事の殆どが機械によって代行されるようになるだろう。

【Microsoft創業者「ビル・ゲイツ」】

各仕事の需要がこれからどんどん減っていくだろうし、特に大したスキルを必要としない仕事は間違いなく消えていくだろう。

【ファーストリテイリング創業者「柳井 正」】

それはグローバル化の問題であり、10年前から社員にも話しをしてきたが、将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていくだろう。

【オックスフォード大学准教授「マイケル・A・オズボーン」】

コンピューターの技術革新が凄まじい勢いで進む中、これまで人間にしか出来ないと思われていた仕事が、AIに変わろうとしている。

 

結果からも分かる通り、実に47%もの仕事が無くなっていくと言う数字からしても、既にその予想さえもされていると言う事実を知って下さい。

 

現在、仕事をされている方で、将来、転職を考えている方がいたとしたら、この状況の中で仕事を選んだとした場合、間違いなく悲惨な将来を迎える事になるのは目に見えています。

 

例えば、どんな仕事が消えて無くなるのか具体的に図で表して見たので参考までに見てみて下さい。

 

まずは2020年、無くなる仕事①として。

 

続いて、2020年、無くなる仕事②は。

 

次に2020年以降も生き残る会社①と題して。

 

そして2020年以降も生き残る会社②は。

 

無くなる仕事、生き残る会社、それぞれ見て頂いて、この中にあなたがお勤めの会社は入ってましたか?

 

仮に無くなる仕事の中に、あなたが今お勤めの会社がランクインされていたとしたらどうしますか?

 

考えただけでもゾッとしませんか?

 

職を失ったら生活など出来なくなりますよね。

 

誰が考えても分かる事です。

 

万が一、本当に会社が無くなったとしても、お金に困らない生活を送る為にも、今から権利収入と言うものを手に入れておいた方が良いです。

 

今直ぐ権利収入を手に入れる行動をします。

 

トップページへ戻る

-危機感

Copyright© イロアス.権利収入ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.